ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

カテゴリー:島旅レポート

「鳩間島旅」旅 その3 灯台の森から聞こえる不思議な笛の音の正体

時には少し立ち止まって周りの景色を見るのも大事だと思います。 2013年7月の鳩間島旅、第三回をお送りします。やっとのことで島にたどり着き、日が暮れるまで辺りを散策します。荷物を宿に置き、カメラを片手に集落を散策します。時間は17時前ですが、夏場で西の島ということもあり、まだまだ日が高い。

「鳩間島旅」旅 その2 石垣港離島ターミナルから鳩間島へ

関東はそろそろ梅雨入りの時期でしょうかね。 今回から2013年7月の沖縄は八重山諸島の鳩間島旅の詳細なレポート、スタートです。

蒼い海と天の川に近い島「鳩間島」旅 その1

自分で撮った島の写真を見ていて身悶えしています。島行きたい。今回から2013年7月に訪れた八重山諸島の「鳩間島」旅のレポートをお送りします。先日のアンケートで上位だった島々じゃないのかよ、というツッコミが聞こえてきそうですが、写真の現像が終わってなくて...。という不甲斐ない理由ではありますが、鳩間島、すごくいいんですよ。

「天売島・焼尻島」旅 その13(焼尻島) 羽幌町の喫茶ガロで、焼尻島の羊毛と出会う

GWは広島方面の島旅の予定です。天売島・焼尻島旅の第十三回をお送りしますね。今回で最終回。四日目の最終日は、一日かけて帰ります。島旅は、帰るまでが島旅です。

「天売島・焼尻島」旅 その12 二人の地域おこし協力隊とゲストハウス

旅というのは出会いの連続だと思うのです。天売島・焼尻島旅の第十二回をお送りします。島唯一のカフェでマダムと話した後、出港まで残りわずかの時間で港に向かいます。急いで港に戻ると、めん羊祭り会場は撤収が始まっていました。その様子を眺めていると、焼尻島の地域おこし協力隊(当時)奥野さんことおっくんが来てくれました。

「天売島・焼尻島」旅 その11(焼尻島) 島で唯一の喫茶店「カフェ アトリエ おくむら」でマダムの話を聞く

島に移住する理由は様々。それを聞くのは楽しいものです。この日、「焼尻島に行きます」とツイートしたら、札幌在住のフォロワーさんに「素敵なカフェがあって、奥さんの話も楽しいのでぜひ!」とリプライをもらっていたのを思い出しました。

「天売島・焼尻島」旅 その10(焼尻島) 広がる広大な牧草地、祭りで食べためん羊たちが目の前に

暖かい日もちらほら増えてきた今日このごろ。次の旅に気持ちが向いていきます。2015年8月の天売島・焼尻島の旅の第十回をお送りします。オンコ林園地を抜け、オンコの荘のあるところまで出ると、その向こうには牧草地、そして海が広がっていました。様々な樹々が生い茂るオンコ林園地を抜けると、視界が一気に広がります。

「天売島・焼尻島」旅 その9(焼尻島) 風雪に耐えた奇木が見られるオンコ林園地を抜け、オンコの荘

気がつけば年度末もそこに迫ってますね。2015年8月に訪れた天売島・焼尻島旅の第九回をお送りしますね。「焼尻めん羊まつり」でサフォークラムを堪能したあとは、自転車を借りて島内を巡るのです。

「天売島・焼尻島」旅 その8(焼尻島) 焼尻めん羊まつりでサフォークラムを食らう

友人が最近南大東島に行きまして、その楽しそうな様子に歯噛みする毎日です。天売島・焼尻島旅の第八回をお送りします。旅の二日目は一日天売島を巡りましたが、三日目の今日は、お隣焼尻島に渡るのです。

「天売島・焼尻島」旅 その7(天売島) てうり亭のウニ丼と、観音岬の夕日、そしてまた豪勢な夕飯

そろそろ次の島旅のことを考えたいなと思いつつ、島で撮った写真の現像が全然終わってないという事実から目を背けがちです。天売島・焼尻島旅の第七回をお送りします。天売島を自転車で一周して集落に戻ってきました。14時前に集落に戻ってきて、港の目の前にある「てうり亭」でお昼にします。ここ、15時までなのでこの時間でも食べられるのがうれしいところ。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
PAGETOP